人気ブログランキング |
2005年 08月 21日
ろーれらい
僕は映画が好きです。しかも、特に邦画が。
というわけで、今回は映画のお話

金曜日に映画「ローレライ」のDVDを買いました。
僕は福井晴敏さんの作品が好きで、ほとんど読んでいます。
小説「終戦のローレライ」は、長編ということもありストーリーがかなり重厚な
作りになっていて、非常に楽しめる一品でした。

そんな期待を持ちつつDVDを鑑賞。最初の一言
う、うすい、うすすぎる!!

人間模様とか、心の変化とか、いろーーんなものカットじゃん!
お兄ちゃんいないじゃん!フリッツ兄さんカットかよ!
歌は「椰子の実」じゃないのかよ!

などなど言い出せば限がないのですが・・・・
映画という短い時間の中に小説の全てを入れることは出来ないのは重々承知
ですが、それにしてもちょっと・・・・
いまいちコンセプトというか方向性というかが定まっていない感が。

「基本は戦闘シーンで何とかして、あとは少しづつ人間関係とかいれてきゃ
いいかなぁ。あと、かわいい女の子もそれなりに出しときゃよいっしょ。
おお、そおだ、泣かせるところも入れなきゃね。えーと犠牲犠牲・・・。
お、このシーン使おう。あー、この役いないじゃん、じゃこいつでやっとっか」

画面からこーんな声が聞こえてきそうです。

もう、ストーリーより戦闘メインで迫力で押し切る!!っていう考えなら考え
で、もっと戦闘シーンにお金かけるべき。
今時あのCGはないでしょ。せめてゲームのイベントムービーくらいのクオリティ
が欲しかった。

人々の心の繋がりを描写するんだったら、もっと折笠を使わないとねぇ
フリッツもカットされちゃってることだし・・・・

まぁ、全てはお金の問題だと思うんですけどね。
こういった娯楽に、もっとお金が出るようにならないかなぁ~
きっと、これをハリウッドとかにもってくと迫力あるストーリーのない作品になるんだろうなぁ~

日本の技術は凄いんだから、お金さえかければ世界に通用する作品できると
思うんだけどなぁ。
志の高いスタッフ&キャストが集まって、潤沢な資金のもと作る日本映画・・・・見てみたい!

なんか今回は、かなり偏った話になってしまった・・・

「がんばれ ニッポン!!」
by toy-aqua | 2005-08-21 12:30 | 日常
ココを押していただけると僕のモチベーションが上がります→
<< SPD サングラス >>
ASPアクセス解析